地方でのお雑煮の違い

日本ではお正月によく食べられるお雑煮。おつゆの中にお餅と何らかの具が入っていますが、これも地方によってかなりの特色が出るものとなっています。色々食べてご自身のお気に入りを見つけてみては?

メニュー

最新記事

トップページ > 地方でのお雑煮の違い

地方でのお雑煮の違い

お雑煮は、日本のお正月にはかかせない料理です。毎年の正月、何気なく食べていれば何も感じませんが、例えば結婚してはじめて迎えたお正月、あるいは友人を家に招いたとき、ふと、他人の家庭のお雑煮との違いに気づいて驚くことがあります。
お雑煮の文化は、古くは室町時代に始まり、お祝いごとの際に食されていたとされています。もともと庶民の間に根付いた文化。そのためか、現代でも食べられる地方によって、もちの形からその他の具、スープの味まで実に多種多様で明確な線引きができていません。
例えば、もちについて。丸形なのか四角なのか?焼いてから入れるのか焼かずに煮込むのか?中にあんこが入っているものか何も入っていないものか?ちなみに香川県ではもちにあんこが入っているものが多いそうです。
他に、もち以外の具について。小松菜、ほうれん草、水菜、ネギ、里芋、人参、椎茸、鴨肉、鶏肉…こちらもバラエティに富んでおり、またご家庭の好みやそのときにある食材にもよるでしょう。
そしてスープ。各地方、温かい汁物ではあるけれども、これもすまし汁(煮干し・鰹)であったりみそ汁であったりします。
ちなみに日本一シンプルと言われているのは、愛知県。鰹のすまし汁に餅、餅菜(小松菜のようなもの)、以上。自分の故郷の味を大事にしつつ、いろんなお雑煮を食べてみたいですね。