国内におけるお雑煮の分布

お雑煮の分布を、考えてみると国内でも色々な違いがあります。 特に関東のすまし汁仕立てに対抗するように、関西では白味噌を使い味つけをします。 また、お餅も丸餅と角餅の違いがあります。

メニュー

最新記事

トップページ > 国内におけるお雑煮の分布

国内におけるお雑煮の分布

お正月に欠かせないのが、日本人ならお雑煮です。
しかし、お雑煮はその地方や家庭で作り方が大きく異なります。
その分布は、関東で多いのがお澄ましに角切りの焼き餅を入れるものです。
それに反して、関西では白味噌仕立ての中に焼かずに丸いお餅を入れて煮ることで柔らかくします。
この、関東と関西の大きな違いはどこの地方で分布されるようになっているのか考えてみます。
まず、お餅の形が丸餅と角餅が存在しています。
この違いは、石川県金沢から岐阜県高山、岐阜県関ヶ原から三重県四日市、そして和歌山県新宮を結ぶラインとなっています。
また、味付けのすまし汁と、白味噌の違いは関西の京都を中心に白味噌が多く使用されています。
しかし、関西圏だけが白味噌を使う場合が多くそれ以外の地方ではやはりすまし汁の形式になります。
また、少し変わったケースになると山陰地方の小豆汁でのお雑煮です。
これは、通常ではお汁粉になります。四国では、お餅の中に餡を入れて食べる習慣があります。
このように、国内でも場所が異なるとお餅の形まで変わってきます。
中に入れる、お餅以外の具材は各家庭で細かく違ってきます。
それが、自分の家の伝統の味になります。
昔ながらの、味を伝えていくことが大切です。