あんこ入りのお雑煮について

あんこ入りのお雑煮は香川県でよく食べられています。作り方はとても簡単で、白味噌のお雑煮に、あん餅を入れるだけです。煮過ぎるととけるので、注意するようにしましょう。

メニュー

最新記事

トップページ > あんこ入りのお雑煮について

あんこ入りのお雑煮について

お雑煮は正月に食べられることが多いものですが、地方によってそれぞれ違いがあります。中には、あんこ入りのお雑煮もあります。これは、香川県で多くあるお雑煮です。もちろん、香川県全域という訳ではなく、主に、高松、坂出、丸亀を中心として平野部で食べられています。
昔は、砂糖が貴重だったので、正月ぐらいは贅沢をしたいという気持ちでつくられたお雑煮です。具材は、あんこ餅、絹ごし豆腐、白味噌、金時人参、雑煮用の大根です。あんこ餅は餅の中に餡が入っているものですが、大福とは違いますので、注意するようにします。
だしをとっている間に、金時人参、大根を皮をむいて輪切りにしていきます。豆腐も一口大に切っておきます。だしがとれたら中に金時人参、大根を入れて火を通します。柔らかくなってから、豆腐を入れます。ひと煮立ちしてから、白味噌を入れます。その後、あんこ入り餅を入れます。火を通しすぎると、とけてしまうので注意するようにします。あん餅が柔らかくなったら、器に入れて完成です。白味噌はもともと甘いので、それがあんこと合っています。
あんこ入りお雑煮は白味噌でつくることが美味しくするポイントです。煮過ぎるととけるので、気をつけましょう。